刺青の除去の方法は、主に2種類あるんですよ。

それはレーザーで除去する方法と、手術で刺青の部分の皮膚を除去してしまう方法なんですね。

刺青を彫る時よりも、除去する時の方が何倍もお金がかかるんですよ。

お金だけじゃなくって、皮膚が傷ついて痕が残ったり、ケロイド状態になることもあるんですね。

こうなってから後悔しても、もう皮膚は元には戻らないんですよ。

しかも公共の場に入ることを拒否されることもありますよね。

銭湯や温泉に行くことが出来なかったり、水着や半袖が着れないってこともありますよね。

刺青を入れる時って、こんなことを考えなかったと思うよ。

後悔するのは、入れた後の生活と除去する時になるんですよね。

レーザーは皮膚を切り取る手術よりも、傷痕が残りにくいメリットがあるんですね。

でもたくさんの色が入っていたり、濃い色の場合はレーザーでは完全に消せないんですよ。

レーザーでは消せない場合は、刺青が入っている皮膚を切除して周りの皮膚を縫い合わせることになるんですね。

皮膚ごと除去するため、刺青を完全に取ることができるメリットがあるんですね。

この手術方法だと、皮膚を縫うことになるので傷痕が残ってしまうんですよ。

刺青を入れる時には、後の生活や除去方法を知って後悔しないようにする必要があるんですね。