日本国内では、刺青を彫ることを専門的に行っている、彫しと呼ばれる職業が注目されています。

この職業は、アンダーグラウンドな存在であるために、収入についてはあまり表に出ることがありません。

インターネット上の口コミサイトや掲示板などでは、この職業を目指している人々の情報交換が活発におなわれており、上手く顧客を集めることができれば、月々100万円以上の収入を得ることができるとされています。

ただし場合によっては、傷害罪や医師法違反などで摘発される可能性があるために、まっとうな職業に就きたい人にとってはあまりお勧めされないことが知られています。

刺青は、今や若者の間でのカルチャーのひとつとして定着しつつあるものの、様々な職業では刺青が入っている人の雇用に消極的なことが取り上げられています。

特に接客業の場合には、刺青が顧客に対して恐怖感を、植え付けてしまうこともあるために、原則として採用されないことが知られています。

また、公職に就く場合にも内部の規定で刺青が固く制限されています。

もしも自分のポリシーを貫くために、刺青を入れることに関心を持っている場合には、将来のリスクをしっかりと理解したうえで決断をすることが望まれています。