刺青の歴史と文化を語るページ

近年、日本人の若い男性を中心として刺青を彫っていることが、ファッションの一部として認められるようになっています。

刺青の歴史は古く、日本国内ではすでに、江戸時代の町民文化のひとつとして親しまれていました。

当時は、義理と人情を大切にする人たちの間で、ポリシーとして刺青を彫ることが一般的となっていました。

こうした刺青は太平洋戦争中には厳しく制限されていたものの、戦後は再び若者の文化のひとつとして流行するようになりました。

刺青を専門に彫っている彫師と呼ばれる職人は、医師免許を持っていない人が大半ですが、いわゆるグレーゾーンとして社会的に許容されています。

日本社会においては、刺青を彫っている人に対する風当たりが強くなってきているものの、ファッション感覚で楽しむ若者が後を絶ちません。

刺青は反社会的団体の関係者と通じるところもあるために、就職や転職の際に問題となることがあります。

インターネット上では、優れたテクニックを持っている彫師についての情報交換が活発に行われており、リーズナブルな価格で刺青を入れることができるところに人気が集まっています。

今後も若者の間で、一つの文化としてこうしたものが認められるとみられています。